おおぐちデジタルミュージアム 遊んで学ぶ!『お楽しみコーナー」
バーチャル資料館 デジタル収蔵庫 町の文化財 絵で見る歴史 写真、今むかし ギャラリー
大口歴史民族資料館「企画展」をご紹介08年「企画展」紹介 コミニュティバスを利用して「五条川・健康散歩」
デジタル収蔵庫
デジタル収蔵庫
「文化財収蔵庫」に収蔵されているいろいろな道具などを
たくさん紹介します。
また、その道具を使ったムービーもご覧ください。
おおぐち埋蔵文化財マップ
旧石器時代 縄文時代 弥生時代 古墳時代 戦国時代
旧石器時代の出土品と用語解説
礫器(れっき) 礫器(れっき)

ぐり石の片方(かたほう)の端(はし)を打ち欠いて作られた、比較的(ひかくてき)かんたんな石器(せっき)です。ハンマーのように叩きながら切るのに使われたと考えられます。片面(かためん)だけの加工(かこう)で刃(は)を作り出したものと、両面(りょうめん)から加工した鋭(するど)い刃をもつものがあります。

西山神B遺跡(にしやまがみビーいせき)出土(しゅつど)。
高さ:10.3cm

木の葉形尖頭器(このはがたせんとうき) 尖頭器(せんとうき)

両面(りょうめん)から打ち欠いて刃(は)を作り出しながら、全体を細長い木の葉っぱのような形に整(ととの)えた石器(せっき)です。先端(せんたん)が尖(とが)っているので、「尖頭器(せんとうき)」と名づけられています。柄(え)をつけて槍(やり)として使用(しよう)されたと考えられています。

西山神B遺跡(にしやまがみビーいせき)出土(しゅつど)。
長さ:6.9cm

360°Viewはこちら
掻器(そうき) 掻器(そうき)

動物の革(かわ)を剥(は)いだり、なめして柔(やわ)らかくしたりするのに使われた石器(せっき)です。旧石器時代には編物(あみもの)や織物(おりもの)がなかったので、毛皮(けがわ)などの皮革(ひかく)を衣服(いふく)として着ていたと考えられています。テントのように造(つく)られた家の屋根(やね)や壁(かべ)としても、皮革が使われた可能性(かのうせい)があり、掻器(そうき)はよく使う石器のひとつでした。

西山神B遺跡(にしやまがみビーいせき)出土(しゅつど)。
幅:4.4cm(左)
3.7cm(右)

角錐状石器(かくすいじょうせっき) 角錐状石器(かくすいじょうせっき)

断面(だんめん)が三角形で、先端(せんたん)の尖(とが)った石器(せっき)です。切るよりも突(つ)き刺(さ)すのに適(てき)した形をしているので、槍(やり)の一種(いっしゅ)でしょう。

西山神B遺跡(にしやまがみビーいせき)出土(しゅつど)。
長さ:4.1cm

剥片(はくへん) 剥片(はくへん)

石器(せっき)を製作(せいさく)するために、素材(そざい)となる石から剥(は)ぎ取った、厚さの薄い破片(はへん)です。これをさらに加工(かこう)して、剥片石器(はくへんせっき)をはじめ細石器(さいせっき)などの小型の石器を製作しました。薄くて小さな石器を作るための、材料(ざいりょう)になります。

西山神B遺跡(にしやまがみビーいせき)出土(しゅつど)。
長さ:4.1cm(左)
3.0cm(右)

ナイフ形石器(ないふがたせっき)

縦に長く割(わ)れた片(はくへん)のうち、するどい部分を刃先(はさき)として刃を作り出して、全体をナイフのような形に仕上(しあ)げた石器です。形態(けいたい)や製作技法(せいさくぎほう)によって、いくつかのタイプに分類(ぶんるい)されています。狩(か)りで捕(と)らえた獲物(えもの)の肉などを包丁(ほうちょう)のように切ったり、いろいろな目的(もくてき)に使われたと考えられています。

西山神B遺跡(にしやまがみビーいせき)出土(しゅつど)。
長さ:4.4cm

抉り入り削器(えぐりいりさっき) 抉り入り削器(えぐりいりさっき)

剥片(はくへん)を加工(かこう)した石器(せっき)で、縁辺(えんぺん)に抉(えぐ)ったような凹(へこ)みのある刃(は)を作り出しています。ものを削(けず)るのに使われました。

西山神B遺跡(にしやまがみビーいせき)出土(しゅつど)。
長さ:5.7cm(左)
4.5cm(右)

細石刃(さいせきじん) 細石刃(さいせきじん)

剥片(はくへん)を加工(かこう)して作られた、とても小さな石器(せっき)です。そのため、ひとつだけではなく、いくつもの細石刃(さいせきじん)を木などでできた軸(じく)の溝(みぞ)にはめ込んで、鋸(のこぎり)のように使用(しよう)されました。いくつもの石器がはめ込まれているので、使っているうちに欠けてしまっても、その部分だけを取り替(か)えれば長く使うことができて便利(べんり)でした。

西山神B遺跡(にしやまがみビーいせき)出土(しゅつど)。
長さ:2.8〜3.9cm

有舌尖頭器(ゆうぜつせんとうき) 有舌尖頭器(ゆうぜつせんとうき)

尖頭器(せんとうき)とは、先端(せんたん)の尖(とが)っている槍先(やりさき)の形をした石器(せっき)をいいます。木の柄(え)をつけて、狩(か)りをするときの槍として使われました。縄文時代(じょうもんじだい)へと移(うつ)り変わるには尖頭器の形が全体に細長くなり、下のほうに柄を固定(こてい)するための突起(とっき)を作り出して、やじりのような形に変化(へんか)します。この突起を舌(した)にみたてて、有舌尖頭器の名前がつけられています。

出土地不明(しゅつどちふめい)。
長さ:6.5cm

旧石器時代(きゅうせっきじだい) 旧石器時代(きゅうせっきじだい)

刃物(はもの)を作る材料(ざいりょう)を基準(きじゅん)として、デンマーク人のトムゼンが19世紀に、ヨーロッパの歴史の移(うつ)り変わりを「石器時代(せっきじだい)→青銅器時代(せいどうきじだい)→鉄器時代(てっきじだい)」と三つに分けました。旧石器時代(きゅうせっきじだい)という名前はそのうちの石器時代を、イギリス人のラボックが「旧石器時代→新石器時代(しんせっきじだい)」の、ふたつに分けたことに基(もと)づいています。その後、考古学(こうこがく)の進展(しんてん)によって多少の変化はありましたが、おおまかに旧石器時代は地質学(ちしつがく)でいう洪積世(こうせきせい)に属(ぞく)し、おもに打ち欠いて作った石器を使っていた時代です。旧石器時代には、まだ土器(どき)が発明されていなかったので、「先土器時代(せんどきじだい)」「無土器時代(むどきじだい)」ともいわれます。また、日本列島(にほんれっとう)ではじめて旧石器が発見(はっけん)された群馬県(ぐんまけん)の岩宿遺跡(いわじゅくいせき)の名前をとって、「岩宿時代」と呼ぶ研究者(けんきゅうしゃ)もいます。なお日本列島では、次の縄文時代(じょうもんじだい)が新石器時代にあたりますが、続く弥生時代(やよいじだい)には青銅器と鉄器がいっしょに使われているので、ヨーロッパ式に時代を三つに分けることができません。
Copyright